金属のプレス加工や表面処理加工は東陽理化学研究所

電話番号

株式会社 東陽理化学研究所

トップページ < 技術情報 < アッセンブリー

アッセンブリー

■部品の組付け方法として主に溶接、接着があり、製品仕様に最適な工法を選択して作業を行います。
その他、樹脂部品との組付け、完成品の組付けも行っています 。

接着剤自動塗布(加熱固定)
液状接着剤各種を自動機で塗布します。塗布範囲および量を高精度に管理できます。

サーマルボンドフィルム(加熱圧着)
正確な位置に均一な厚さの接着が可能です。

レーザースポット溶接
内部部品を接合しながらも、製品表面に痕が残りません。
また、6軸ロボットを利用し、広範囲、高精度の溶接が可能です。

スタッド溶接機

レーザースポット機

接着機

設備一覧

▲このページのトップへ戻る

金属のプレス加工や表面処理加工:東陽理化学研究所