金属のプレス加工や表面処理加工は東陽理化学研究所

電話番号

株式会社 東陽理化学研究所

トップページ < 技術情報 < 設計/試作

DFM(Design for Manufacturing)
工程&生産設備設計

■生産設備のコンセプトを設計の段階でビジュアルに検証します。

■問題箇所の早期発見&フィードバックが可能です。

設備一覧

DFMイメージ例(一部)

 

 

DOE(Design of Experiment)
工程&生産設備の妥当性確認

■簡易設備でトライを行い、設計の妥当性を事前に確認します。
問題があれば設計にフィードバックします。

■設備完成後にもDry Runを実施し、量産前検証を行います。
問題箇所は各種トライを実施し、妥当性を確認後、設備の修正・改造を行います。

設備一覧

 

金型設計

■当社は設計はもちろん加工においても、長年に渡り蓄積された技術と、最新鋭のCAD/CAMを駆使して世界に類を見ない新しい発想の基に金型部門の展開を考えております。

■精密小物金型から大容量の超深絞り金型、あるいは複雑な三次元成形金型から液圧成形金型まで、当社の金型加工技術は止まるところを知りません。

■社内金型開発に徹底した年月を費し、世界で初めて温間絞り加工の自動量産化を実現した実績があります。

■金型技術と塑性加工技術は表裏一体です。この理念から、当社では金型をお借りして加工のみを受けることは致しておりませんし、金型のみを販売することも原則として致しておりません。それは製品加工上の技術や品質を保証するという当社の理念を遂行するのに十分でないからです。

■さらに、豊富なラインナップの加工機による製品の試作やサンプル加工についても、即座に対応可能です。

設備一覧

設計室

三次元CAD/CAMシステム

金型高速加工機

三次元レーザーカット機

 

試作、サンプル作成(3次元レーザー加工システム)

■ワーク形状に合わせた加工プログラムを作成できるシステムを開発し、ティーチングレスでデータ作成を行うため、設計変更での形状修正が容易に可能です。

■プレス金型のトリムカットは二次元断面のため、嵌合部品に対してカット段差やミスマッチが発生しますが、レーザーカットでは曲面形状に沿った切断を行うので、製品デザインをそのまま生かした加工が可能です。

レーザー加工:製品の加工工程

STEP1
プレス成形完成品

STEP2
形状スキャン

STEP3
データ処理
(切断形状補正)

STEP4
3次元レーザー切断

STEP5
完成

各種陽極酸化処理・研磨仕上・塗装・発色・etc

当社が得意とする多種多様な表面処理技術を駆使して、ハイグレードな金属に仕上げます。

■複雑なトリム・ピアス形状も、高価な金型コストが不要なので、初期投資を大幅に削減できます。

■高度な技術により、色々な材質でも対応可能です。

高品位のサンプルカットワーク

純チタン
(TP270)
ステンレス鋼
(SUS304)
アルミニウム
(A1050)
マグネシウム
含金(AZ31B)

※写真の製品は、後処理を施しておりません。

■加工要件について

加工材質 チタン・SUS系全般・アルミニウム合金全般・マグネシウム合金など
加工寸法 500×500×250の切断範囲内
材料厚さ 2.0mm以内
レーザー パルスYAGレーザー
加工機 5軸同時制御(X,Y,Z,A,C)
最高加工速度  12000mm/min (X,Y,Z) , 21600 deg/min (A,C)
アシストガス 窒素・アルゴン

 

 

▲このページのトップへ戻る

金属のプレス加工や表面処理加工:東陽理化学研究所