金属のプレス加工や表面処理加工は東陽理化学研究所

電話番号

株式会社 東陽理化学研究所

品質管理

■三次元測定器やクリーンルーム、その他最新の設備により、さまざまな側面から高いレベルで安定した生産を実現するための品質管理を行っています。

三次元測定器(CMM)
自動測定プログラムにより高速かつ高精度な測定が可能です。

3Dスキャン
3Dスキャンにより、形状全体をビジュアル評価し、設計に実形状をフィードバック(リバースエンジニアリング)できます。

レーザー測定器
非接触のため製品にダメージを与えず、高精度の測定が可能です。

設備一覧

走査型電子顕微鏡

画像処理測定装置

波長分散型蛍光X線分析装置

▲このページのトップへ戻る

金属のプレス加工や表面処理加工:東陽理化学研究所