技術・設備情報

設計/試作

プレス技術紹介

DFM(Design for Manufacturing)
工程&生産設備設計

製造をご依頼いただいた後、まずはじめに製造工程と生産設備について設計。この段階でビジュアル化し検証することで、早期の問題発見とフィードバックを可能にしています。

DFMイメージ例(一部)

工程&生産設備の妥当性確認

簡易的な設備で工程と生産設備に問題がないか、妥当性のチェックを行います。何かしらの問題が発生した場合は即座にフィードバックを行い、設計の改善を図ります。

また設備完成後にはDry and Run(予行演習)を実施。設備の量産前に検証を行って、品質の管理と工程の無駄をなくしています。問題箇所があった場合は、再度設備の修正と改善を行います。

金型設計

長年に渡って蓄積された技術力と最新鋭のCAD/CAMを駆使し、精密小物金型や超深絞り金型、複雑な三次元成形金型や液圧成形金型など、あらゆる金型設計を行います。

当社は社内金型開発には特に注力し、世界初の温間絞り加工の自動量産化を実現した実績があります。このような発想力や技術力を基に、お客様のご要望にお応えします。また豊富なラインナップの加工機による製品の試作、サンプル加工も即座に対応可能です。

設備紹介

  • 設計室

  • 三次元CAD/CAMシステム

  • 金型高速加工機

  • 三次元レーザーカット機

試作・サンプル作成

当社ではワーク形状に合わせた加工プログラムを作成できるシステムを開発。ティーチングレスでデータ作成を行うため、設計変更による形状修正ができます。

また3次元レーザー加工システムを利用したレーザーカットにより、曲面形状に沿った切断が可能。プレス金型のトリムカットで発生するカット段差やミスマッチもなく、製品デザインを活かした金属加工を行うことできます。

なお複雑なトリム・ピアス形状であっても、高価な金型コストが不要になることで初期投資を大幅に削減。これまで培ってきた技術力と最新設備により、さまざまな材質の加工に対応します。

レーザー加工による製品の加工工程

  • STEP1プレス成形完成品

  • STEP2形状スキャン

  • STEP3データ処理(切断形状補正)

  • STEP43次元レーザー切断

  • STEP5完成

  • 各種陽極酸化処理・研磨仕上・塗装・発色・etc
    当社が得意とする多種多様な表面処理技術を駆使して、ハイグレードな金属に仕上げます。

高品位のサンプルカットワーク

  • 純チタン(TP270)

  • ステンレス鋼(SUS304)

  • アルミニウム(A1050)

  • マグネシウム含金(AZ31B)

  • ※写真の製品は、後処理を施しておりません。

加工要件

加工材質 チタン・SUS系全般・アルミニウム合金全般・マグネシウム合金など
加工寸法 500×500×250の切断範囲内
材料の厚さ 2.0mm以内
レーザー パルスYAGレーザー
加工機 5軸同時制御(X,Y,Z,A,C)
最高加工速度  12000mm/min (X,Y,Z), 21600 deg/min (A,C)
アシストガス 窒素・アルゴン

設備一覧

金型加工設備

マシニングセンタ
6台
NCフライス
2台
ラジアルボール盤
3台
旋盤
2台
ワイヤーカット放電加工機
4台
放電加工機・細穴放電加工機
2台
シャーリング・コンタマシーン等
4台
平面研磨機
3台
三次元レーザー加工機
2台

【CAD/CAMライセンス】
SIEMENS- NX / SIEMENS- Solid Edge / PTC- CREO (Pro/E) / FUJITSU- ICAD/MX / AUTODESK- AUTOCAD / MAKINO- FF/cam / CNC Software,Inc- Mastercam

【サポートデータファイル】
Parasolid / STEP / IGES / DXF/DWG