表面処理加工

ステンレス表面処理

7つのステンレス表面処理から最適な方法でご要望にお応えします

ステンレスは耐食性だけでなく、耐熱性や加工性、強度や意匠性にも優れている素材。当社ではステンレスが持つ特性を活かしつつ、様々な表面処理によって品質を高めます。

電解研磨

ステンレスをリン酸主体の酸の混合溶液中でプラス電圧を加えて電流を流し、品物表面の細かい凹凸の凸部を優先的に溶解します。耐食性の向上、滑らかな光沢の獲得が可能です。

特徴

表面の汚れや異物を除去し、汚れの付着しにくい滑らかな表面とすることで、ステンレス本来の耐食性を獲得します。また表面加工変質層の発生、研磨砥粒やコンパウンド等の付着がなく、表面にクロムリッチの酸化皮膜が成長するため、素地よりも耐食性が上昇します。

複雑な形状の部品・線・薄板・容器内面など、機械的研磨を行うことが困難な品物であっても、比較的簡単に研磨及び微小バリ取りが可能です。ただし電解研磨だけでは大きなサイズ(うねりのような)の凹凸は除去されないため、完全な鏡面光沢は出せません。平滑な表面を得るためには機械的研磨後に電解研磨を行います。

効果 光沢出し、耐食性、外観、洗浄性の向上

用途例

硝酸・フッ酸混合溶液に浸漬し、ステンレス表面を溶解。表面の汚れ、酸化皮膜、溶接スケールを完全に落としクリーンな表面にします。

酸洗

硝酸・フッ酸混合溶液に浸漬し、ステンレス表面を溶解。表面の汚れ、酸化皮膜、溶接スケールを完全に落としクリーンな表面にします。

特徴

酸洗では電解研磨とは逆に、光沢が落ちて白い肌となります。表面が完全にクリーンになるとともに新たに自然酸化皮膜が形成され、耐食性が素地より上昇します。反射防止、表面粗さ上昇などの機能的な特性改善にもご利用いただけます。

用途例

ステンレス器物、医療器具、装飾品、建築用ステンレス部品、浄水機部品、その他溶接部のスケール除去、焼鈍品の酸化スケール除去など

不動態化処理

ステンレスを特殊な溶液で処理し、加工時に表面に付着した異物(鉄分等)を溶解除去します。さらにステンレス表面のクロム成分を濃縮して安定した酸化皮膜を形成、耐食性の良い表面に仕上げます。

特徴

処理によるステンレスの溶解は極わずかであり、寸法変化・表面状態(光沢、粗さ)の変化はほとんどありません。特にアルコール飲料等を扱う容器、配管部品への処理では、鉄イオンの飲料中への溶出を抑えて味の劣化を防ぎます。

通常はステンレス製品を脱脂のみ行った状態で不動態化処理を行います。溶接によるスケールが付いた部品では、酸洗でスケールを落としてから処理を行います。ただしこの場合、光沢が生地とは変わってしまう点に注意が必要です。

効果 耐食性の向上

用途例

ステンレス器物、医療器具、飲料容器など

TF処理(特殊不動態化処理)

ステンレス鋼の表面にクロムリッチの酸化皮膜を形成し、画期的に耐食性を向上。特に耐塩水性が大きく向上する当社独自の処理方法です。

TF処理品の表面分析結果例

元素 生地(w/w%) TF処理後(w/w%)
75.94 39
クロム 13.14 25.09
酸素 2.52 33.32
炭素 6.78 1.28

走査型電子顕微鏡による表面分析結果(SUS440Cの素地とTF処理後を比較)
鉄に対するクロムと酸素の割合が大きく上昇します。

特徴

海洋で使用されるステンレス部品に対して処理することにより、絶大な耐食性向上効果があります。この処理による寸法の変化は0.5μ以下であり、精密部品にも利用することができます。

TF処理は耐蝕性に問題なく、通常のカラーステンレスと同じ色が出せます。ただしベアリングのように、様々な素材が組み合わされた状態での処理では、部品や材料ロットにより色がばらつくことがあります。カラー発色の皮膜を薄くすることにより、ほぼ無色の処理をすることも可能です。

効果 色付けによる外観向上、耐食性向上

用途例

リール用ベアリング、耐塩水が要求されるベアリング、釣り用金具、建築金物、自動車部品など

化学酸化発色カラーステンレス

ステンレスの表面に透明な酸化皮膜を成長させ、鮮やかなカラーの表面に変化させます。

カラーサンプル

カラーサンプル
金属 備考
マルテンサイト系ステンレス ブラック SUS420、440など
ニッケルを含まない鋼種
フェライト系ステンレス ブルー、グレー、ブラック、ゴールド、マゼンタ、グリーン SUS430など
ニッケルを含まない鋼種
オーステナイト系ステンレスと比較すると色調が暗くなります
オーステナイト系ステンレス ブルー、グレー、ブラック、ゴールド、マゼンタ、グリーン SUS304、316など
ニッケルを含む鋼種

特徴

光の入射方向、見る方向により光の行路が変わり微妙に色調が変化。そのため塗装などでは出せない深みのある色になります。極薄の透明な酸化皮膜による発色なので、下地の金属の肌がそのまま見えます。ヘアライン仕上げや鏡面仕上げなど、下地加工肌を活かした発色表面にできます。

また染料や顔料を使用した着色と異なり、光による退色は全く起こらず、耐候性も良好。密着性も良く、発色後に折り曲げ加工、軽度のプレス加工が可能です。抗菌性もあるため、病院の手摺や内装への使用でも効果を発揮します。

発色後に硬膜処理を行い、耐摩耗性、耐食性を強化します。マスキング印刷・エッチングを組み合わせることにより多色の模様付も可能です。なお処理工程で6価クロムを使用しますが、最終製品の表面には残留しないためご安心ください。

効果 色付けによる外観向上、耐食性向上

原理

ステンレスの表面に10nm~300nm程度の膜厚の透明な酸化皮膜を化学酸化で成長させ、表面を鮮やかなカラーに変化させます。酸化皮膜自体は無色透明ですが、様々な波長の光を含む白色光が表面で反射、酸化皮膜の表面で反射する光、金属と酸化皮膜の界面で反射する光の2つが干渉作用を起こし、強められた波長の光が色となって見えます。

強められる波長は酸化皮膜の厚さにより決まるため、その厚さを精密にコントロールすることにより目的の色を得ることができます。発色原理としてはシャボン玉の薄い透明皮膜による虹色、水面に薄く浮いた油脂による虹色と同じです。当社が開発した連続コイルライン発色技術により、長尺のコイルでの発色も可能です。

用途例

屋根材、壁材、建築金物、店内装飾、モニュメント、装飾品、照明器具部品、IT筐体部品、手摺、病院内装など

レーザーマーカーによる発色模様入れ

特徴

ステンレス素地、あるいは発色品をレーザーマーカーでエッチングや色抜き、発色をすることで多彩な外観を作りあげることが可能です。レーザーマーカーの特徴として自由自在に模様を変えることもできます。多品種小ロットでの模様入れができますので、お気軽にご相談ください。

その他のステンレス表面処理

特徴

赤外線反射用銅メッキ(真空ポット用)、装飾メッキ(協力工場活用)、電解エッチング処理、バフ研磨、ブラスト処理、電解複合研磨、特殊研磨による微小バリ取り等、特殊な用途の表面処理の技術開発協力も可能です。ぜひお問い合わせください。